HOME > 弁護士紹介

弁護士紹介



伊藤 崇

主な経歴
茨城県鹿嶋市出身
 2001年 東京大学法学部卒業
 2005年 弁護士登録
 2007年―2009年 能代ひまわり基金法律事務所 所長
 2010年 ファイナンシャルプランナー(CFP)登録
 2014年―2015年 ニューヨーク大学 客員研究員
 2016年 イリノイ州弁護士登録
 
自己紹介
製造物責任法ができたとき、あるいは初めてのひまわり公設事務所ができたとき、私はまだ弁護士ではありませんでしたが、ニュースでそのことを知りました。私も世のため人のため自分のためになるような、そんな活動をしたいものだと感じたことを今でも覚えています。
相談者の方々のご依頼に真摯に向き合うことで、昔憧れた弁護士の姿に一歩でも近づけることを願っています。

所属団体
東京PL弁護団
東京弁護士会相続遺言部
日本FP協会
Illinois Bar Association
American Bar Association (Section: Family law, Real Property, Trust and Estate law)
The Law Association for Asia and the Pacific (Section: Family law & Family rights) 
著作
<製造物責任関係>
「製造物責任における欠陥の主張立証の実務(民事法研究会/2015単著)」
「日米製造物責任法の比較、特に欠陥立証のあり方」(自由と正義/2016年6月号)
<相続設計関係>
「遺産相続紛争事例データファイル(新日本法規出版/2011共著)」
「遺産分割・遺言の法律相談(青林書院/2011共著)」
「相続人不存在・不在者財産管理人事件処理マニュアル(新日本法規出版/2012共著)」
「判例にみる相続人と遺産の範囲(新日本法規出版/2013共著)」
「実務解説 相続・遺言の手引き(日本加除出版/2013共著)」
「実務マスター遺産相続事件(新日本法規出版/2013共著)」
「相続実務に役立つ戸籍の読み方・調べ方(ビジネス教育出版社/2014共著)」
「くらしの相続Q&A 改訂版(新日本法規出版/2015編著)」

取扱い分野
製造物責任、相続設計(遺言・相続・任意後見・信託・死後事務委任等)、家族関係(離婚、養育費請求等)
その他一般民事事件一般、渉外事件全般


板倉 由実

主な経歴
1994年 津田塾大学芸学部国際関係学科卒業
1994年 伊藤忠ロジスティクス株式会社
2005年 弁護士登録
2005年 東京法律事務所
2014年 U.C Berkeley Law School 客員研究員(労働法・ジェンダー法)
2015年 東京パブリック法律事務所外国人・国際部門

自己紹介
民間企業勤務を経て、弁護士になりました。2005年に弁護士になって以来、解雇・雇止め、残業代、雇用差別・搾取、職場のハラスメントどの労働事件(労働者側・国籍問わず)や離婚・相続などの家事事件を多く、担当しています。性暴力や性差別、セクシュアルマイノリティー、移民労働者などの少数者の権利に関心があります。性別・国籍や経済状況を問わず、困難を抱えている方にとってアクセスしやすい質の高いリーガルサービスを提供したいと思っています。

所属団体
日弁連両性の平等に関する委員会(2012年副委員長)
日本労働弁護団
SARC (性暴力救済センター東京)協力弁護士

著作
会社で起きている事の7割は法律違反(共著。朝日新書)
朝日新聞夕刊コラム「働く人の法律相談」(2010−2014.2)
労働相談マニュアル(共著。日本労働弁護団)
事例で学ぶ司法におけるジェンダーバイアス(共著。明石書店)

取扱い分野
家事事件(離婚・子ども、相続)、労働事件・労務相談、入管・在留資格、女性・ジェンダーに関する問題、
一般民事全般(英語対応可能)


藤井 なつみ

主な経歴
2000年 東京外国語大学東アジア課程中国語専攻 卒業
2006年 弁護士登録(59期)
2006年 黒田法律事務所(東京弁護士会)
2009年 足立修一法律事務所(広島弁護士会)
2017年 東京パブリック法律事務所外国人・国際部門

自己紹介
東京の法律事務所で中国関係の企業法務に従事した後、広島の法律事務所で一般民事、刑事事件等、幅広く担当してきました。広島にいたころから外国人事件はいくつか扱ってきましたが、より多くの外国人の方たちの相談に取り組んでいきたいとの思いから、東京パブリック法律事務所外国人・国際部門に入所いたしました。言語の問題から弁護士に相談することに高いハードルを感じている方たちにも、安心して相談できる場所を提供していきたいと思っています。

所属団体
外国人ローヤリングネットワーク

取扱い分野
一般民事、労働事件、家事事件、在留資格、企業法務、その他全般(中国語対応可)


山浦 誠治

主な経歴
2001年 早稲田大学教育学部卒
2009年 弁護士登録(群馬弁護士会)
2014年 The School of Oriental and African Studies (SOAS), University of London, LLM 修了

自己紹介
群馬県内の法律事務所に約4年勤務し、一般民事事件・刑事事件のほか、外国人の労働事件・在留関係に関する事件や、外国人を相手方とする国際家事事件を取り扱ってきました。その後、イギリスの大学院で国際人権法を学んだ後、フィリピンの人権救済機関でインターンをし、この度、東京パブリック法律事務所三田支所に入所しました。以上の経験を活かし、当事務所において、依頼者の方の法的アクセスを確保し、その権利を擁護できるように尽力したいと思います。

所属団体等
外国人ローヤリングネットワーク事務局
青年法律家協会
日本労働弁護団
自由法曹団

取扱い分野
離婚、相続、遺言、在留資格、労働事件、交通事故、債務整理、刑事事件


雨宮 奈穂子

主な経歴
山梨県甲府市出身
東京大学法学部卒業
司法試験合格後渡仏
パリ第1大学修士号取得(フランス私法専修)
弁護士法人はるか東京本部
弁護士法人はるか愛媛支部

自己紹介
紆余曲折の人生の中で身につけた「人の話を聞く」能力を最大限に生かし、業務に励む所存です。
一つ一つの出会いと事件をできるだけ大事に扱いたい。
モットーにしたい格言は以下の二つ。
・ローマ人の格言
「la vie ce n’est pas d’attendre que les orages passent, c’est apprendre a danser sous la pluie.
(人生とは、嵐が去るのを待つことではなく、雨の中で踊ることを学ぶことである。)」
・出典不詳の格言
「笑える心境にあるだけで、その人は既に勝っている。」
共に踊り、笑いましょう。

注力している取扱い分野
一般民事(離婚、相続、慰謝料請求、貸金請求等)、クレサラ、交通事故
外国人問題(仏語話者)、消費者問題、知的財産法


小田 陽平

主な経歴
神奈川県横浜市出身
東京外国語大学欧米第二課程スペイン語専攻卒業
関東学院大学法科大学院卒業
都内法律事務所を経て、東京パブリック法律事務所入所

自己紹介
どのような方でも相談しやすいよう、分かり易い説明を心がけております。
依頼者の方のお話しを丁寧に伺い、寄り添って、共に解決に向けて尽力いたします。

所属団体等
東京弁護士会リーガルサービスジョイントセンター

注力している取扱い分野
労働事件、家事事件、その他一般民事全般、刑事事件、外国人案件