池袋に拠点を置く法律事務所です。借金の整理・離婚・相続・交通事故・医療過誤・高齢者・消費者・国際案件等、幅広く取り扱っています。

弁護士 弘中 章

弘中 章 Akira Hironaka

主な経歴

山口県立宇部高等学校卒業
東京大学法学部第三類(政治コース)卒業
東京大学法学部第一類(私法コース)卒業
九州大学大学院法学府実務法学専攻修了

2007年 9月 司法試験合格
2008年12月 弁護士登録
2009年 1月〜2010年1月 森・濱田松本法律事務所勤務
2010年 1月〜2013年2月 法テラス松本法律事務所赴任
2010年〜2012年 信州大学経済学部非常勤講師
2018年 3月 一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了
(修士論文表題「『非正規公務労働』に関する法的考察 ~期限付公務員の更新
打切りに対する法的規制を中心として~」)

自己紹介・取扱分野

2013年3月より当事務所にて執務をしております。
これまで主に、一般民事、一般刑事(裁判員裁判、少年事件を含む)、家事(成年後見業務を含む)、倒産(破産管財業務を含む)、消費者問題等広く市民生活にかかわる業務を取り扱って参りました。
現在は、特に労働法分野(民間・公共部門いずれも)に注力しており、研究・研鑽を続けています。
個人の方々のみならず、人事労務を中心に中小企業の皆様にもお役に立てるよう、努力して参りたいと考えています。
弁護士としての目標は、依頼者の方が置かれた立場やお気持ちを第一に考えて、出来る限りの熱心な弁護を提供していくというものです。
どうぞお気軽にご相談下さい。

所属団体等

東京弁護士会労働法制特別委員会 委員
日本労働法学会 正会員
東京過労死弁護団
外国人ローヤリングネットワーク(LNF)
東京弁護士会公設事務所運営特別委員会 委員

これまで関与した主な裁判例等

・「実刑後に在留特別許可を得られた事案」(LNFニュースレター第1号、2014年3月)
・東京高判平成27年3月6日(季刊刑事弁護第83号78頁)
・東京地判平成27年8月18日(労働経済判例速報2261号26頁)

その他

コラムを執筆しました。

外国の裁判例を学ぶことで見えるもの ~平等法理の場合~

「非正規公務員」という問題

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人東京パブリック法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.